文学の森

書庫 書き溜めた短編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

月の裏の住人7

     七
 克雄は面白そうだから、一度、部活に出てみたら?と提案した。
「部室にある私物が壊されていたり、ロッカーに悪戯書きされていたら、携帯で写真を撮って。そして、僕に送ってね。僕のホームページで公開するから。それから、何かあったら、すぐ電話して。絶倫帝王と駆けつけるから。必ずだよ」
「ぜ、絶倫帝王って、な、何?」
「ああ、彼は僕のサイトとリンクしているサイトの管理人だよ。同じ町に住んでいるんだ。少年犯罪の加害者の顔を載せたり、住所、電話番号まで公開しているよ。やっぱり、ネットは凄いよね」
 克雄は目を輝かせて笑う。
「絶倫帝王と会ったことあるの?」
「あるよ。ドラッグ・ストアの店長さ」
「た、頼りになるの?」
「なるよ、とても」
「う、うん、じゃあ、部活行ってくる」
「うん。約束だよ。何を見ても動揺しないって」
 そう約束すると、武司は頷いたのに、今、目の前に広がる光景に硬直してしまう。たっぷりと、十分は目を見開いたままだったが、携帯でひとつひとつ画像に収めていった。
 ユニフォームは猥褻な言葉で汚され、引き千切られている。ロッカーは汚物で異臭を放っている。これが、この間までチームメイトだった人がすることなのだろうか?武司は、涙が出そうな目を固く閉じ、画像を克雄に送った。
 その時、背後で安部の声がした。
「部活に現れたか?お前に来る資格はあるのか?お前のような奴は、自殺すればいいんだ!」
 真綿でゆっくりといたぶるように、安部はジリジリ近付いて来た。
「ほ~ら、ここにロープがあるよ~。自殺しなよ~」
 鞄から、赤いロープを取り出して笑う。
 武司は、背を向ける。
「なんだ、怖いのか、ほら~今、自殺しないと、新学期どんな苛めが待っているか分からないぞ~」
 武司は悲鳴を上げた。大きく高い声を意識して。それを見て、安部は嬉しくてたまらないといった風に身をよじり笑った。ロープを首に巻きつけ、絞める振りをする。武司は心の中でほくそ笑んだ。
「先生、許してください。自殺しますから!」
「ほ~そうか~、なら、なるべく早く死ね!遺書は残すなよ~。首吊りで逝け!」
 そう言って、安部は消えた。
 武司は急いで、部室を飛び出した。安部は卑弥呼が言っていたところの天敵だ。
 校門をくぐる時、二宮らに見つかり、「早く死ね!」と罵られた。
 武司は学校から離れると、先程、撮ったムービーを克雄に送った。安部に襲われて背を向けたのは、携帯のムービーをセットするためだった。大きな奇声をあげたのも、録画スタンバイの時出る音を消すため。
「武司君、お疲れ様。絶倫帝王と僕とで、早速、ネットで流すね。たぶん、明日には学校に抗議の電話やメールが来ると思うよ」
「絶倫帝王のサイトって、そんなに凄いの?」
「僕のサイトも凄いんですけど!」
 克雄は少し不機嫌そうに笑った。
「武司君、いい?絶倫帝王はね警察でも裁けないものを裁こうとしているのだよ。未成年だから、顔が公開されない、とか、親は責任を取らない、とか、教師は短い謹慎処分や減給で、すぐに仕事復帰するのが許せないんだよ。たぶん、多くの人がそれに賛同している。だから、法以外で、きちんと裁かれるべきなんだよ」
「じゃあ、僕も世間にばれちゃうのかな?」
「被害者の情報は流さないように努めているけど、ネットで興味を抱いた人が、どんな子が苛められているのか、調べるかもしれないね。でも、関心のほとんどは加害者に向けられるよ」
 武司は、怖くなった。自分の周りの人をも巻き込む気がして。

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<月の裏の住人8 | 文学の森 | 月の裏の住人6>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 文学の森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。