文学の森

書庫 書き溜めた短編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

月の裏の住人 5

     五
 夏休みの間、武司は克雄と研の三人で行動した。研は外泊しても両親は関心が無いらしく。自由に振舞っていた。いつも手に克雄に貰った野菜ジュースを握り締めて。
 武司への苛めが予想できるので、夏休み中はクラブ活動に出ないほうがいい、と克雄は言った。学校裏サイトの掲示板の書き込みは卑劣なものが多く、武司を死に追い詰めようとするものばかりだった。
「学校に、これじゃ、行けないよ」
 そう嘆く武司に克雄は微笑んで、「そうだね~行かないほうがいいかもね~。一応、証拠として、掲示板の書き込みは保存してあるけど。それから、面倒臭いかもしれないけど、独りで行動しないでね、親か他の大人と一緒にいてね。学校では、僕と一緒で。クラスが違うのが心配だけど、携帯は肌身離さず持っててね」
「でも、携帯の持ち込みは禁止だよ」
「そんなくだらないルール守らなくていいよ。子供を守れない大人がいる学校では必要だよ。苛めのシーンも写真に残せるし」
「見つかったら、取り上げられない?」
「取り上げられないように持ってて!もし、何か言われたら、身の安全を守るため、と言って。僕の名を出しても構わないから!」
「どうして、そんなに親身になるの?」
「えっ?」
 克雄は驚いた顔をして、一言、「面白いから」とばつが悪そうな顔をして笑った。
「正義のため!とでも言うと思った?」
 そして、目を輝かせて、「面白いだろ?安部は醜い顔をしている。眉毛が薄く、髪まで薄い。四十代前半でたぶんもう勃起力もないかもしれない。目も衰えているようだし、特に光に弱いんだ。糖尿かもしれないね。二宮を見たかい?あの顔中を覆うブツブツのにきびを。唇はただれているようにいつも開いている。本人は気付かないみたいだけど、口呼吸のせいで、肌が痛んでいるにちがいない。人に何かしら道に外れたことを悪戯にしていると、姿に表れるんだ、きっと。研君のお母さんは、娘を可愛がるあまり、猫を飼ったのだけど、娘は猫アレルギーらしいんだ。僕は、彼女が息子にも同様に責任を持ち育てれば、そんなことはなかったと思うんだ。娘のアトピーは激しいみたいだよ。お母さんの首には無数のイボがあるし、夫はアルコール依存症だしね。どうやら、息子を虐待する妻に耐えられなくて、家にあまり帰らないらしい。そうだよね、研君」
 野菜ジュースを口に少しずつ含みながら、うんと頷く研に克雄は微笑んだ。
「自分を不幸だと思っちゃいけないよ。世の中にはそのような人間がいることを知っていればいいだけなんだ。ほんのささやかな権力に酔いしれる種類の人間がいるだけなんだ。いつも言っているように決して自分を責めてはいけないよ」
 武司は驚いたように、「克雄君って、本当に中学二年生なのかい?僕と同じ年に思えないよ」と言った。
「そんなことはないよ。僕の弟はまだ小学四年生だけど、とても頭が良くて、お父さんや僕より大人びているよ。成績もスポーツも優秀だし、その上、慎重だよ。信じられないのは、皆の周りにそういった子供がいないからだよ。お母さんなんか、弟は先急いで死んだ前世だから、今を百パーセント生きようとしている、って信じ込んでいるよ。お父さんは、弟のほうが魂の年齢が自分より上だと思っているよ。弟は差別にまったく興味を抱いていない。苛めは時間の無駄、と言うくらいだから。でも、僕は大いに興味がある。だからお母さんは、克雄の前世は何かしら、っていつも言っているよ」
 克雄は、気になっていることがあった。生活保護をもらえなかった男が、このところ外に出ないのだ。
「まさか、孤独死?」
 探偵のような手振りで、克雄は言った。
「まさか」
 武司は言う。
「訪ねてみよう」
 克雄は男の部屋のドアを叩いた。返事は無い。入居者募集の貼り紙に管理人の電話番号が書かれている。携帯で克雄は事情を説明し、鍵を開けて確認してくれるように頼んだ。
 ドアの向こうには、台所の床で動かなくなった男がいた。何も口にしていないのか、痩せ衰えている。管理人は「子供は見ちゃ駄目!」と叫んだ。すぐに救急車が駆けつけて来た。
「おじさん、死んじゃうの?」
 研の問いに、管理人は、「間に合わないかもしれない」と呟いた。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨


 克雄は、興味深いものを見に行こう、と武司を誘った。
 初めは、パチンコ店の立体駐車場。
「知ってる?パチンコに嵌っている教師が多いこと?ほらっ、見て、あの駐車場でやったんだ。首吊り自殺した英語教師は、自分がした糞をパチンコ店のトイレに塗りたくり、その夜、死んだんだ。しかも、そのトイレの個室は以前、灯油を被り焼身自殺した人が使ったらしいよ。店の奴隷と化していたんだね。様々な職業があるのに、どうして、パチンコ店に勤務するのだろうね?不思議じゃない?」
「皆、克雄君みたいに、頭が良いわけじゃないもん。さっきの男の人も、頑張ったけど、市に頼るしかなかったのかもしれないし・・・・」
 克雄は、武司の言葉に耳も貸さず、次の場所に案内した。そこは、二階建てのアパートが四棟並んでいる。
「ほらっ、見て」
 そう言うと、ひとつのアパートの玄関を指差した。幼い男の子が立っていた。
「立たされているんだよ。あの子の母親はね、女の子だけが欲しかったんだ。だから、二番目の子供が男の子だったから、養育を拒絶したんだ。馬鹿女、だね」
 そして、「おーい!研くーん!」と少年の名を呼んだ。少年は嬉しそうに手を振った。
「馬鹿だな~、お母さんの言う通りにしなくてもいいっていつも言ってるのに~、身体が勝手に反応しちゃうんだね。夜はどうしているの?また、車の中?それとも、下駄箱の横にゴザを敷いて寝てるの?」
 研と呼ばれた少年は、恥ずかしそうに、「車」と答えた。そして、克雄に懐いているのか、「何か買って」と訴えた。
「じゃあ、アイスとオニギリと野菜ジュースを買って来て、武司君」
 武司は驚いて、「ぼ、僕が?」と言った。
「そうだよ、僕はその間、研君がどんな酷い虐待を受けたか訊かなければならないから」
 そう言って、お金を手渡した。克雄はうんうん、と頷きながら研の話に夢中になっていた。夏休みの自由研究と言いながらも、随分と前から、克雄は権力が人を変えることについて興味を抱いているのだな、と武司は思った。腰をおろし、子供の目線で話を聞く克雄の背にそう感じざるを得なかった。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

月の裏の住人3

     三
夏休み中の登校日、武司は初めて学校を休んだ。無記名で学校裏サイトに書き込みがあったのを発見したのである。
「百八十秒間、首を絞め続けたら、死ぬらしいぞ。Tは早く逝ってくれ!」
 両親には内緒で登校すると嘘をつき、あてもなく町を彷徨った。頭の中には、安部にからかわれたこと、二宮に苛められても誰も見て見ぬ振りをすること、そしてなにより、プールで泳ぐことを断られたことが大きな衝撃であった。
 夏の太陽に焼かれ、町は白くもやがかかったみたいに遠くが見えなかった。青い空も白く覆われていた。脳の中にも熱風が入り込んだようで、武司は立ち眩みがして気分が悪くなった。
(このまま、死ぬのかな?もし、死んだら、皆、喜ぶかな?でも、僕は僕のために生きているんだ。安部や二宮のためではない。じゃあ、何故、今日、学校をサボったのだろう?やはり、逃げか?)
 武司は、問うた。初めて、死について考えた。
(これが、差別か?僕の両親もその前の世代も味わったのか?)
 ゆらりゆらり歩いていると、「武司君?」と呼ぶ声がした。振り返ると、穏やかな笑みを浮かべて、克雄が立っていた。手にカップのカキ氷を持って。
「帽子を被らないと、死んじゃうよ」
 克雄はそう言って、カキ氷を差し出した。木陰に行こう、と手を引いて。
「克雄君、学校は?」
「夏休みだから、ないよ」
 武司は目を丸くして「今日は登校日だよ」と言った。
「えっ?そうなの?忘れてた」
 克雄は驚いた風に頭から抜けるような声を出した。
「何をしていたの?家、この近く?」
「うんん。僕の父さん、市役所に勤めているんだけど、生活保護をもらう人に職員は冷たいらしいんだ。どれだけ冷たいのか、見に来たんだよ。父さんが言うには、権力を与えられた人間は、全ての人がそうなる訳じゃないけど、少しずつ変わるらしいんだ。そうして、自分がその権力の下にいると自覚した人間は、従うか、何らかの小さな抵抗をするらしいんだ。ほらっ、苛められた子が死ぬことで抵抗したりするだろう?それは、苦しみからでもあるけれど、味わった痛みを誰かに知ってもらいたいからだと思うんだ。僕が今、見ているのはね、生活保護がなかなか貰えない男なんだよ」
そう言って、克雄はある古いアパートを指差した。
「生活保護がもらえないので、何も食べられないらしいんだ。僕はその男の人が、本当に働けないのか、それとも食べないという抗議をしているのか知りたいんだ。お金が無く、食べられない状況で、市の職員以外に彼は頼る人がいないんだろうか?どうして、そのような人生になったか、興味があるんだ。それに、その男の担当は父さんが言っていたように、権力を味わい、酔いしれているのだろうか?
武司は、目を輝かせて言う克雄を、変わった奴だな~と思った。
「あっ、そうそう、武司君、安部に皆の前でからかわれたそうだね」
一瞬、武司はたじろいだ。
「安部は、教師という権力を握っているよね、だから自分が万能だと思うのだろうね。でも、安部は醜い姿をしているよね。本人はそれを自覚していないのかな?」
「分からないよ。そんなこと」
「少なくとも、武司君は若く美しいよね。安部は外見を重要視してない、ということだよね。二宮が裏サイトをはじめ陰で武司君のことを悪く言いふらしているみたいだけど、二宮もとても醜い姿をしているよね。安部が禿げたヒキガエルなら、二宮はにきび面の蛇だよね。そんな二人に同意するなんて、どうかな?」
 克雄は路地の木の下で、カキ氷を口に運びながら、話す。まるで、張り込みをしている若い刑事のように。
「まさか、武司君、安部や二宮のこと、気にしてる?」
 武司は顔を背けた。プールの一件は言えなかった。
「ほらっ、見て!」
 克雄はアパートの一室を指差した。例の男が出て来て、腹を押さえている。喉が渇いた、と叫び、隣室の洗濯機に取り付けてあるホースを外し、水を直接飲んでいる。
「此処は外に洗濯機を置いてあるから、手近な所を選んだのだろう。ほらっ、見て、彼はまるでアピールしているみたいに水を飲んでいるよ。腹が減った、と訴えている。これは、抗議だよね」
 克雄は興味津々と伺っている。
「これで、男が死んだら、どうなるのかな?市のせいかな?それとも、このようにしか生きられなかった男のせいなのかな?」
「いつも、こんなこと、しているの?」
「夏休みの宿題。自由研究だよ。人は権力を握るとどうなるのかを知りたいんだ。武司君も良かったら、協力して。安部や二宮がこれからどんな風に君に接するか、教えて欲しいんだ」
 克雄は、男がひもじそうにのたうち回るのを見ている。
「もう、一週間になる。あの男は友達や近所付き合いがないのかな?身内は?」
 鞄の中から携帯を取り出し、市役所へ電話をかける。
「どうして、生活保護がおりないのか知りたいんだ」

 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

月の裏の住人2

     二
 クラスの仲の良いグループを誘い、二宮はプールに行った。それは、安部に教えてもらったリゾートホテルだった。武司は元々、二宮と仲の良いグループのひとりであった。
 フロントで宿泊客ではないが、プールのみを使用したい、と申し出た。にこやかに係員は対応し、名前を記載してほしいと、名簿を出した。二宮の心臓は高鳴った。今にも笑い出したい気持ちを必死で抑えて。
 係員は、「申し訳ありませんが、この子は使用できません」と言った。二宮は爆発したいお腹を抱えて、「え~何でですか~?」と言った。係員は、困ったように視線を逸らす。
「武司だけ、駄目なんですね」
そう確認すると、武司の尻を蹴った。係員は、プッと噴き出した。それを見た二宮は、目が痒くなるほど可笑しくて手を叩き、足を踏み鳴らした。
「な、なあ、安部の言った通りだろ?武司だけ、使用禁止なんだ!」
他の子供たちは、異物を見るように、武司を見て、鼻をつまみ、立ち去った。息を止めて、逃げ出す子もいた。二宮は、雄叫びをあげた。
「世界最強の玩具を手に入れた!」


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

月の裏の住人

     一
 それは中学教師・安部が始めた些細な悪戯。どうせ安定した職業だもの、生徒が離れていくことは、ない。退屈な毎日に少し刺激が欲しかっただけ。
 夏休みの前、彼はネットである童話に出逢った。
『コトリバコ』
 二十センチ四方の木箱で、テトリスのブロックみたいな木が複雑に組み合わさってできている。その中には、子供のはらわたから絞った血と人差し指、臍の緒が入れられて、簡単には開かないようになっている。一八六〇年代後半に武器、お守りとして使用されていた。
 いわれのない迫害を受けていた人々は、己を守るために、コトリバコを作り、代々大切に持ち回りで保管していた。そのひとつが、武司の家にもあるのではないか、と安部はホームルームの時に言った。
「なんで、武司の家なの?」
 生徒たちは訊いた。
「それはな、武司に聞きな」
 それを聞いた武司は、コトリバコの存在は知らなかったが、迫害された、と教師が説明した部分に敏感に反応し、思わず、俯いてしまった。
 コトリバコの武器としての力を安部は面白そうに説明した。周囲の人を触れずとも、そこに置くだけで、もだえ苦しみながら殺してしまうのだ。徐々に内臓を引き千切り、血を吐かせて。迫害された者たちの恨みが、向けられた家は、女も子供も容赦なく殺される。殺された者たちは、この箱の意味を知らず、快く受け取るのだった。それは、とても美しい木箱だったので。
 安部は冗談だと笑って言うようにして、「俺の家に送ってくるなよ」と大袈裟に肩をすくめてみせた。彼は知っていた。その後、他の生徒らが、武司を特別な目で見て取り囲むのを。
 案の定、子供たちは放課後、武司を質問攻めにした。そうして、次の日には、明らかに異なる者を見るような目で武司を見つめた。
 その中に、二宮という子供がいた。暴力の中で育った彼は、日頃溜まったストレスの捌け口を毎日探していた。標的になるのは、太って動きが鈍い子、顔立ちを気にしている気の弱い女の子、痩せて力の無い子、毎日飽きることなく殴り、罵倒し、挨拶代わりに蹴った。だが、すぐに教師らに見つかり、職員室に呼び出され、叱られた。母親も呼び出され、厳重な注意をされた。家に帰れば、父親に殴られ、母親と姉に冷笑された。
 が、どうだろう。武司にいたっては、教師は怒らない。周りの連中も注意しない。二宮は、サウンドバッグを買ってもらったようで嬉しくて、奇声を上げた。
 まるで、自由を手にした猿のように。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 文学の森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。